【生活費が足りない時】今月を乗り越えられない場合の対処法とは?

急な出費や生活費が足りない時は、皆どうやって乗り越えているのでしょうか?お金が無い状況は必ず来ます!

【光熱費が払えない】いつ止められるの?どう対処する?

   

光熱費といえば電気、水道、ガスという...家に住むために必要な公共料金ですね。

「今月は出費が多くて支払えない」という状況になったらどうなるのでしょうか?

 

光熱費はいつ止まる?

基本的に光熱費は支払い期限が書いていますね。そこを過ぎると「この日までに支払って下さい」というハガキが届きます!

だいたい最新の支払い用紙が届いてから3ヶ月くらいまでは止められないようですね。

電気・ガス約2ヶ月~3ヶ月
水道約4ヶ月~6ヶ月

そして、最終支払日までに支払わなければ翌日以降に業者が来て止められてしまいます。

基本的に最終支払日から3日~1週間で止められることが多いです。

ちなみに、各都道府県や地域によっても違っていて、最終支払日を過ぎてもラストのハガキがある場合もあります。

泣きの最終請求という感じでしょうか!

電気代の最終支払日を過ぎたのですが止められず、ドアノブに重要なハガキとして括られていて、その後1週間で止まったという事例もあります。

とにかく光熱費を止められたくなければ、『この日までに支払わなければ供給をストップする』と書かれているハガキをすぐに支払うべきですね。

 

止められたら復活は?

ちなみにストップされた場合、支払いを済ませてもすぐに復活しないこともあります。

こちらから「支払いましたので復活して欲しい」と連絡しなければいけません。

連絡すれば数時間で供給されるのですが、深夜なら次の日の朝になる可能性もあります。

なにかと厄介なので止められたくないものです。

 

電話すれば回避できる?

各都道府県や地域によっても違うわけなので、止められるタイミングは正直わかりません。

だからこそ、不安な人は用紙に書かれた会社に電話してみるのも良いでしょう。

理由を説明して「この日に必ず支払うので止めないでもらえますか?」と伝えれば回避できる可能性もあります。

ただし、厳しい会社は「無理なので一旦ストップします」と言われた人もいるので、回避が難しいこともあります。

やはり最終期限を過ぎないようにするべきでしょう。

どれも止められると困るものなので、1日ですら不便に感じます。

カードローンなどで現金を確保してでも支払う方が良いですね。

 - 支払い , , , ,