【生活費が足りない時】今月を乗り越えられない場合の対処法とは?

急な出費や生活費が足りない時は、皆どうやって乗り越えているのでしょうか?お金が無い状況は必ず来ます!

YouTuberを始めたいなら激安ビデオカメラは必須!

      2018/09/10

YouTubeは稼げるのかというと...

チャンネル登録者数10万人もいけば、普通に一般サラリーマンの2倍以上になることでしょう!

もちろん動画の再生数や時間、企業案件にもよりますが...

普通にニート活動ができる状況で、顔出しが可能ならやるべきだと言えます。

そこで、ユーチューバーになるために最低限必要な道具となれば、パソコン動画編集ソフトビデオカメラになりますね。

この3つは必ず必要になります!

※あなたがトークだけでも面白過ぎる場合は、iPhoneひとつで有名になれますが...

この必需品の中でも今回はビデオカメラってどのくらいのクオリティーが大切なのかについて書いていきます。

 

YouTuberを目指す最初のビデオカメラ

ユーチューバーになるには映像よりも、あなた自身の人間力になります。

画質がいくら綺麗であっても、『つまらない』、『好感が持てない』、『アンチも無視する』ような動画では再生が伸びません。

そんなコンテンツを毎日上げてもチャンネル登録数は伸びず、最終的に諦めてしまうでしょう。

ということで...

最初から超高額のビデオカメラを使う必要はありません!

どんなトップユーチューバーであっても1話目は微妙な動画を作っています。

とにかく自分かYouTubeに慣れることと、発想力を高めること、続ける忍耐力を強めることが最優先です。

毎日投稿することで自分自身が成長していき、それに伴って再生数やチャンネル登録者数が上がるので、高品質なビデオカメラを使うのはそれからでも遅くはありません

だいたい新品で3万円以内で大丈夫でしょう。

ただし!

ロケに行くような動画を初っ端から撮りたいのであれば、手振れ補正に強い高額のカメラが必要です!

手振れは視聴者からするとストレスでしかないので、外に出歩く動画をメインであげたい人はそれなりのビデオカメラを買いましょう。

手振れ補正に強いビデオカメラ
ソニー ハンディカム HDR-CX680

価格 49880円

普通にトップユーチューバーでも使っている人が多く、ビデオカメラを固定しない撮影が多いのなら、ここを頑張って買いたいところですね。

いやいや...ちょっと高いよ!

という方は、その一つ下のランクの...

ソニー ハンディカム HDR-CX470

価格 31800円

最低限はここからだと思いますね。それ以下でも大丈夫ですが、ブレが酷いと編集がめんどくさくなるし、後々すぐ他のビデオカメラが欲しくなっちゃいますからね。

 

では、普通に1人で家で撮影する場合に使える安いビデオカメラを紹介します。

ちなみに、新品で1万円以内の中国製ビデオカメラは使えないので...買わないようにしましょう。

フルハイビジョンや4Kと書いていても、国産の2万円以下よりだいぶ映像が悪いです。

それならiPhoneで撮影した方が綺麗ですね。

安いには安いなりのレンズしか使えないわけなので、国産の初心者用をオススメします。

国産で3万円も出せるなら、自宅でYouTube動画を撮るだけなら全く問題ありませんからね。

そうなると、人気でも№1になってきている...

パナソニック HC-V360MS

価格 約25000円

アマゾンなどで購入すると2万5千円以内で購入出来たりします。電気屋さんでも3万円以内ですね。

とりあえずYouTubeで動画をあげるためのビデオカメラといったら、このパナソニックで全く問題ありません。

軽量にできていて、音も悪くなくて、フルハイビジョンで安い!!

もう少し画質にこだわるなら~こちらも凄く人気で評判が良いですね。

1万円ちょっと多く出せるなら...

パナソニック HC-W585M

価格 約40000円

2018年のデジタルビデオカメラでは最高賞を受賞しなモデルになります。

撮った動画をWi-Fiでスマホやパソコンに送信して、編集すればYouTubeに投稿できますね。

手振れ補正もこだわっており、何より画質の綺麗さに驚きます。

 

このように迷ったらソニーかパナソニックで間違いないようです。

まぁ~ぶっちゃけ今のiPhone8やXも、めちゃくちゃ映像は綺麗ですが、ビデオカメラで撮りたいならこれで十分です。

 

スマホで撮影はできる?

これからYouTube動画をアップしていきたいと思っていてもカメラがない場合は、スマホで撮影しても何とかなるのでしょうか?

現在のスマホのカメラは非常にグレードが高くなっています。写真なんかは素人目からすれば、デジカメと大差がない状態にまでなっていますよね?

ということで動画機能もどんどん上がっているのはわかります。

しかし、ビデオカメラと比べると...弱い印象はしてしまいます。

iPhoneなどのスマホはカメラ以外に様々な機能にこだわって作られていますね。このサイズで『ひと昔前』のパソコンやデジカメより強い高性能です。

ただ、ビデオカメラになるとレンズが全く違います。

そもそもビデオカメラは動画撮影のためにだけ作られた機器なので、普通に考えれば負けてしまうのが当たり前なのです。

今後もスマホが最新ビデオカメラに勝つということはないと思いますので、綺麗に撮影したいのであればビデオカメラにしましょう。

といっても...ビデオカメラを買うお金がなくて、動画をアップするのを躊躇(ちゅうちょ)しているなら、スマホで撮影しても問題はありません。

ビデオカメラを買ってからユーチューバーを目指そうと考えていても、買う機会が遅れれば、いつまで経っても動画を作ることができませんからね。

とにかく始める1歩は映像の質なんて考えない事です!

ちなみにインカメで撮影すると画質が悪すぎるので、外側のカメラで撮影しましょう!しっかり位置を決めて撮り、編集に力を入れれば大丈夫ですよ。

 

中古で型落ちを安く買うのは?

今は2018年なので...10年以上前の高額ビデオカメラは使えるのか?

ここも気になる点ですよね?

私もビデオカメラをどうしても1万円くらいで買いたくて、すげ~探したこともあります。

10年前の10万円以上のビデオカメラは、メルカリやヤフオクなんかで9000円近くで販売していることもあります。

結論から言えば...

デジタルハイビジョンであれば、YouTubeに投稿する画質としては問題ありません!

アナログになるとテレビと一緒で、相当画質が落ちてしまいます。

2006年~2010年あたりのビデオカメラが多く出品されますが、知識が無い人は安いからといって買うと失敗してしまうかもしれません。

その代わり、2008年制であっても3ccdのハイビジョンであれば、さほど悪い映像だとは感じないでしょう。

少し他のユーチューバーと差別するためにも、シブい感じを出せる可能性もあります。

これも中国製の1万円以内のビデオカメラを買うよりなら、よっぽどマシという感じですね。

また、中古で2万円以上出す場合は、相当調べ上げて購入してください。本当に良い物はあまりないですからね。

だからこそ、できれば頑張って3万円くらいの最新国産ビデオカメラを買うことをオススメします。

 - ユーチューバー , ,